ホーム
 
> 内藤晶

鷄(甲骨文より)

T15025_01
お求めはこちら

「鷄」は家畜であるニワトリを表現する文字で、つながれた意味を指す「奚」と「鳥」象形文字から成ります。
奚は〔手++大(手を広げた人)〕で繋がれた人間=奴隷のこと。
見えない鎖に繋がれた本来飛べぬ鳥であるニワトリを“つながれた鎖から解き放たれ新たな空へ飛び立とうとする鳥”として古代から未来へのメッセージを込めて現存する象形文字よりさらに古い字形として創造表現したものです。

T15025
内藤晶

大阪市在住。広告デザイン業の傍ら個展やギャラリー企画展で作品発表をし、カタチの書や、猫型漢字など面白い書を開発中。書を使ったデザインやイラスト、グッズ制作、書の実演もしています。

  

花鳥風月(日本の四季)

T15025_02
お求めはこちら

日本の四季の美しさをタイポグラフィと筆文字で表わしました。


巡る季節の移り変わりを筆文字の回転する円で表現し、四季を代表する風物の漢字を散りばめました。


 ちなみに花(山)鳥(森)風(雪)月(海)は熟語としても成立する配置になっています